ベンチャーで働く20代後半独身男のブログ

キーワード:ベンチャー。ビジネス。思いつき。極端。非常識。ミーハー。電子工作。ゴルフ100切り。サイコ。少しゲス。

私がムスリムに対して持っていた偏見について

優秀なエンジニアになりたいと思っている広尾にあるベンチャー企業につとめている♂です。

 

今日は私がムスリムに対して持っていた偏見について書いてみようと思います。

 

は英語の勉強も兼ねてたまに外国の方と会うことにしています。

今日記事にさせていただきたいのは、アプリで知り合ったムスリムの女性のことについてです。

(出会う方法とかは下記の記事にまとめているので見てもらえればと思います。)

narubom.hatenablog.com

 

 

彼女は日本語の勉強をしていて会話の練習をしたいとのことでしたので、喫茶店でお茶でもしようということで会う事になりました。

例の布をかぶっている女性と話すのが初めてだったのでとても緊張していたことを覚えています。(頭にかぶっているのはヒジャブという布らしい。これです↓)  

 喫茶店で彼女を待っているとやってきました。キュートな笑顔で「こんにちは」と日本語で挨拶してくれました。

話をしてみると彼女はインドネシア出身のムスリムで、アニメ、漫画が好きで日本に来たとのことでした。絵を描くことが得意だと言っていたのでアニメ系の絵なのかなあと予想しながら写真を見せてもらったのですが、ガチで上手かったです。

なんか、↓みたいなのを繊細にして今風に仕上げたみたいにした”作品”でした。 

 

それもそのはずインドネシアで美術の先生をしていたとのことでした。

それは絵が上手いはずだ。日本でまた美術の勉強をしていて(美大に通って)、日本で仕事を見つけたいと言っていました。

 

話をしていると普通に日本人と変わらない会話でしたし、たまに冗談を言ったときにも通じていたので私の中でムスリムは厳戒で戒律が厳しいという印象は少し変わってきました。

彼女にもそのことを伝えたのですが、戒律は地域によって差があるから戒律が厳しいかは何とも言えないとのことでした。 

他のムスリムに会ったときのために、挨拶はどうすればいいんだと聞いたところ、Hiとかは恥ずかしくてできない人もいるため、「アッサラーム・アレイクム」と言ってくれればいい言っていました。

勝手にイスラム圏の挨拶をしたら怒る人もいるのではないかと聞くと、いや逆に嬉しいよとのことだったので、これからはイスラム圏の人がいたら使おうと思いました。

(※後日、別のイスラム圏の方に「アッサラーム・アレイクム」と挨拶したところガチで喜んでいました。)

今日の会話でイスラムに対する偏見が減ったのなら嬉しいと言っていました。

 

彼女の出身はインドネシア。アジアの身近な国にイスラム系の国があることに改めて気づかされた一日でした。

 

茶店でのお茶会後、別の日に一緒にトレッキングに行く機会がありました。

夏の暑い日でしたが、彼女はその日ももちろんヒジャブを着用。

暑くないか聞いたところ。夏は暑いから薄いタイプを着用しているが、それでも暑いよねと笑って答えてくれました。一日中付けてるのかと聞いたところ、家に帰ったらすぐに取るとのこと。インドネシアの女性はロングヘアにしている人(ヒジャブを着用しているので分かりませんが)が多いということが意外だったので少しビックリしました。ロングヘアを見れるのは家族、旦那、女友達だけとのことで。ムスリムの方のロングヘアを見れるのは家族になった人だけみたいですね。

 

女と色々話しているうちに、あまり日本人と変わらないなあと感じました。

西洋の文化と比べて中東の文化はメディアに取り上げられないため、なかなか馴染みがないですからね。唯一流されるのはイスラム国(ISIS)のニュースくらい。これなら偏見を持つなという方が難しいかもしれません。またアイコンとしてのヒジャブインパクト。

正直なところ偏見持っていました。はい。狂ってて戒律に厳しく危ない人たちだと思っていました。今回はまだ一人のムスリムとしかお話できていませんが、ムスリムの友達が一人増えたことは今後の人生で財産になると思いました。 

 

だ、やはり初め異様に思えていたヒジャブもただの布に見えてきますが。。

やはり私が初め異様だと思っていたこともあり、他の人もそう考えているんじゃないかと、一緒に街を歩いていると他の人の視線が気になってしまいます。。

多分、私がまだまだ偏見を持っているんだと思います。

人の目線が少し気になってしまいます。気にしなくていいのに。

 

本に興味を持ち、日本の大学に通っていたこともある彼女一人を見て判断するのも早計だとは思いますが、私の中でムスリムのイメージが変わった事は確かです。

 

今度ヒジャブを装着している女性と何かしらの機会で挨拶することがあったら「アッサラーム・アレイクム」と挨拶してみてください。きっと笑顔で挨拶を返してくれると思います。

 

では。