ベンチャーから大企業に転職した30代独身男のブログ

キーワード:ベンチャーから大企業。ビジネス。思いつき。極端。非常識。ミーハー。電子工作。ゴルフ100切り。サイコ。少しゲス。

ベンチャーから大企業に入って感じたギャップ

現在の企業に転職してから3ヶ月が経ちました。

大きな会社に入れて良かったですが、前職のベンチャーと比べて少しギャップがあったので、それについて書いてみます。

 

ギャップ

・(言い方が悪いかもしれませんが)人のレベルが均一

無茶ぶりや理不尽な指示をしてくる人が居ない。人格が破綻している人が居ない。

落ち着いている人が多い印象。のし上がってやるみたいなハングリーな人は表には見えない。基本的にみんな良い人。

 

・大きな仕事ができる

社員何万人が使うツールを導入することができる。関わるベンダーもF士通、N○C、○立といった大手ベンダー。

取り扱う金額が何千万とかが普通。

 

・意思決定をするまでに辿るプロセスが多い

何かツールを導入するとなると申請が必要で、全社で使うとなると予算を取るプロセスを取る。

転職して起案するという仕事があることを初めて知った。

 

・スキルにばらつきがある?

たくさん人がいる分、一人一人のスキルにばらつきがある気がする。

今までの会社がブラック?だったからかもしれないが、修羅場が結構ありそれを乗り越えてきた凄み?がある人が結構いたが、たくさん人がいる分、そういった凄みがある人にたまにしかいない。

 

・切迫感が無い

いいことだとも思うし、なんだかなと思うこともある。

どうせ潰れないし、自分一人が頑張ったところで意味ないなみたいなスタンスで仕事をする人が多い気がする。

ベンチャーで働いていたときは皆が同じ船に乗っており、現状を打破しようという気持ちが溢れていた。

 

今までのキャリアを振り返るとブラック企業にいた経験は良かったなと思う。

何ができるかではなく、どこに所属していたかで評価が決まりやすいと思うのでブラック企業に所属していることはリスクだとは思う。

ただ、色々な面で最初から大企業にいるより良かったと思う。

 

・残業規制の無い環境

ひたすら仕事に打ち込むことができた。最初から大企業で残業規制があったりしたら、経験値が減っていたと思う。

 

・とんでもない無茶ぶり

自分のレベルを遙かに超えた仕事を振られる。そして仕事を振った後に速攻帰る上司。

迫る納期。そんな中でお客様の矢面に立たされる修羅場。

すごく成長できた実感があります。

 

・会社が潰れるかもしれないという危機感

自分が頑張って結果を出さないと会社自体が存続できない可能性があるという危機感。

そのことで生まれる仕事への責任感。

 

・ブラックな環境を知っているということ

大企業で恵まれているのに文句を言いながら働いている人がいてびっくりしました。

ブラックを知らないとホワイトも分からないのでしょうね。何も無い状況から環境をホワイトにしていく努力をしてもらいたいです。自分で何とでもなるんですよ。

文句言うくらいなら、自分で何とかするか、できないなら辞めて会社を起こせばいい。

会社に文句を言っているけど、自分も会社の一部という意識が無い。少し悲しくなりました。

 

ドラゴンボールでボロボロになればなるほど強くなるといった描写がありましたが、社会人も同じなのかもしれません。

ただ、みんながみんなサイヤ人でないのでブラック企業に入ることはオススメはできないですね。ホワイト企業に入れる保証もないですし、体調を崩してしまう方を沢山見てきましたし、、

 

何を言いたいか分からなくなってしまいましたが、恵まれた環境で働けるようになり良かったということと、自分が恵まれていることに気づけないのは悲しいなということが言いたかったです。 

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

 

最近、上記の本を読んだのですが貧乏を経験した方がいいと書いてありました。

 

人間一度はブラックを経験するのも悪くないかもしれないですね。

ブラック企業に入ったことを後悔していましたが、今は感謝しています。

今、ブラック企業にいて苦しんでいる人はいつかそれが力になるということもあるということチラっと覚えていてもらえたら嬉しいです。

 

では。 

【エクセル①】MOS

会社でエクセルを教えることになったので、MOSのテキストを用いて復習をしています。

MOS対策テキスト Excel 365 & 2019

MOS対策テキスト Excel 365 & 2019

 

 

さっき、MOSのテキストをアマゾンで検索したら、上記テキストが出てきたけど、

2019が出てきてるんか。。2016のテキストで勉強してしまっている。。

またテキストを買わなくてはならないかも、、

とりあえず、今日勉強したテキストで知らなった機能について備忘で書いておきます。

 

MOS攻略問題集 Excel 2016

MOS攻略問題集 Excel 2016

 

 

<知らなかった機能>
セル範囲の名前登録

エクセルファイルのプロパティ設定

スパークライン(これマジで便利)

dekiru.net

セルのスタイル(便利)

テーブルの合計を表示する機能(これマジで便利)

テーマの変更

ヘッダー

代替テキスト

名前付き範囲の設定

 

では。

ブログのタイトルを変更します。

ベンチャーから大企業に転職した♂です。

 

前回記事を更新したのが、2019-09-23なので、約3ヶ月ぶりの更新です。

思ったより、時間が経っていなくてびっくりです。

今後やることをまとめていましたが、全くといっていいほどできていません。

 

narubom.hatenablog.com

 

転職をして、バタバタしていたということを言い訳にさせてもらいます笑

10月31日に前職を退職して、11月1日から普通に働き始めてますからね、、

 

前職を辞めるときに気づいたのですが、ここにいたら自分が損してるな、損するだろうなって思っているときの方が辞めるとき皆慕ってくれるんだなって思いました。

少し損してるなって感じるくらいがちょうどいいのかなとか思ったり、、

 

閑話休題

 

ベンチャーで働く20代後半独身ではなくなったので、タイトルを変更します。

ベンチャーから大企業に転職した30代独身男のブログ

思ったことや、メモをしていきます。

 

では。

転職することにいたしました。今後の方針メモ。

広尾にあるベンチャーで働いている♂です。

 

久しぶりの投稿です。

少し前の記事にあるように、転職を考えていましたが、ついに転職することにいたしました。転職先は決まっており社員が1万人を超す大企業です。

社員30人の会社からかなり大きなチェンジになります。

また、業務の効率化、立ち上げ屋さんとして働くことになり、大きなチャレンジができそうです。

人生万事塞翁が馬。今後どうなるか、私自身も楽しみです。

 

茶店で今後どうするかをメモしたので、ログを取る意味で書き残しておきます。

 

■今後の方針
・何をしたいか
人々が活き活き生きていく支援をしたい。
無駄なこと、くだらないことに悩む人を一人でも減らしたい。

・どうなりたいか
効率化のプロ
合理主義者
趣味のプロ
不労所得:毎月50万
何でも言うことを聞く美女の奥さんがいる
自由人

・世界にどうなってほしいか
好きなことを好きなだけ表現できる世界
ある程度の規律は必要
線引きが必要

①ブログ&youtube:キャンプ
購入したものを紹介していく

コンセプト:初心者がお金をかけずに楽しめる方法を共有したい
自分自身がそういったコンセプト?で趣味を楽しんでいるので、共有したい
自分でもできるんじゃないかって思ってほしい
(道具に関してはだな。俺は車を持っているし、実家暮らしという恵まれた立場だ。)

②ブログ:水虫の治療
コンセプト:正直なところ治し方が分からないし、胡散臭い情報が溢れている
自分の足を試験体にして、みんなに本当の治療法を共有したい
できたら病院に行かないで治したいが。。。

③サークルの作成:
2:8
コンセプト:
これはやろうとしなくても勝手に出来上がる気がする
これから、好きなことを追及していけば勝手に仲間が増える

thanderdome(ガバ)、エレクトロスイングのクラブ
コンセプト:クリーンで楽しい空間が欲しい。クスリとか、輩がいないけど、
サイケで高揚感のある空間が欲しい。できればハードコアな音楽が流れているけど、
ウィスキーは座って飲んでねみたいな空間
運動してもよいみたいな。ただ、臭くない、暗くてサイケな空間が欲しい。
ちょうどいい距離感のクラブが欲しい。

④自動化のツール作成:
兄の商売の手伝い
コンセプト:純粋に手間がかからず、儲かる仕組みを作りたい
俺の経験&実績になるし、兄の生活が更に良くなるなら協力したい
ある意味、俺のデモ用?

⑤婚活?
コンセプト:転職先に入るまでは休止。
入社したらサークルとかにも入ってみたいな。

⑥登山
山頂でカップラーメンを食べて、コーヒーを淹れて飲みたい
コンセプト:気持ち良さそう。転職先のサークルがあれば入りたい。

⑦さとちゃんに本を返す
あと、会社で最初にどういうにふるまえばいいか相談したい
これは10月からかな。

⑧ジェットバックの購入
アップガレージに行ってみる。

株式投資
毎月、少しずつ投資したい。
母さんが投資好きだから、勝手に運用してもらうのも手だな。。

 

では。

今後の方向性どうしようかメモ

広尾にあるベンチャーで働いている♂です。

 

すごく久しぶりの記事更新です。

人生はなかなか自分の思い描いていたようになりませんね。

 

働いているベンチャーは成功の道を駆け上がっています。

販売している商品も去年の10倍を超えました。来年には100倍くらいになっていそうです。

しかし、今自分が働いているポジションは既存サービスの運用チームメンバー。

刺激的な日々、強制的な成長からはほど遠い毎日です。

 

自分がしたいことと、この会社でのポジションにギャップが出て来ました。

会社は成長して、外部からお化けなような方々が入るようになってきました。

社長のつてなのでしょう。その方自信が会社を持つ社長だったりしますからね。。

 

この2年半ほど働いてきて、痛烈に感じていることがあります。

それは、サービスを提供する会社である場合、事業を推進するためには技術力が必要であるということ。(人材のアレンジが出来ない場合だけれども。。)

 

PMができます、コンサルが出来ますと言っても結局は技術が無ければ何も生み出せないと痛感しました。

じれったい日々が続き、サービスが出来上がってくるころには技術力もあるPMやコンサルが入ってくる。俺のポジションはルーティーンの詰まらない仕事だけ。

 

やっぱり、俺は何かサービスを立ち上げる現場で仕事をしていきたいと感じる一方、力不足をひしひしと感じています。

何かのプロになれないとここには俺の居場所が無いなと思いました。

 

何のプロになるか。。

何かしらのエンジニアになってから、PMやコンサルになるのが正しい道だと感じたので、転職を考えています。

SIのプロマネでスケジュール管理をするのもエンジニアがスケジュール通り成果物をあげてこなかったのがストレスで辞めてしまいそうだし、

コンサルするにも人を納得させるより、自分が納得できなかったら動けなさそうだし。。

とにかくエンジニアを目指してみることにしました。

30前で最後の挑戦にしたいと思っています。必ず、何かのプロになる。

日本一や世界一を目指す。

人生万事塞翁が馬が私の座右の銘でしたが、今後はそれに加えて「ださくても必死になる」を座右の銘にして生きていきたいと思っています。

 

さて、しかしどうやって自分の目指す道を見つけるか。。

そこで、この本を手に取りました。

 

 

 

説明は省略しますが、まずは自分の特徴を知るところから始めます。

自分が好きな「動詞」をなるべく集めます。

人は自分が得意なことを好きになるとのこと。

 

■小学生

勝つ事

人を笑わせること

テストで良い点を取ること

ゲームすること

漫画を読むこと

冒険をすること(チャリで長距離)

他校の生徒と絡むこと

秘密基地を作ること

川で遊ぶこと

 

■中学生

人を笑わせること

下ネタを言うこと

勝つこと

ほめられること

女の子とデートすること

チームで一丸となって闘うこと

心理学を勉強すること

人の心理を読む事

 

■高校生

文化祭の実行委員をしてみんなを指揮すること

組織を整えて何かものごとを進めること

勝つこと

みんなで一つのものごとに向かって努力すること

みんなをまとめること

女の子の前で格好つけること

硬派を気取ること

好きな子に尽くす事

好きな子のために頑張ること

人を励ますこと

人を応援すること

何かを頑張っている人の助けになること

ほめられること

バンドでベースを弾くこと

みんなで何かをすること

 

■ 大学生

みんなでツーリングに行く事

人に本を貸す事

人にアドバイスすること

人の得意なところを見つけること

人をほめること

勉強すること

歴史を勉強すること

世の中の流れを読むこと

何かを予測して当てること

人を分析すること

野宿すること

ゆっくりすること

お酒を飲んでワイワイすること

何かしらでハメを外すこと

チームを作ること

遊びに行く企画を立てること

 

■社会人

PJを効率化すること

チームでバラバラで作っていたものを共通のパーツを提示すること

横串でチームの足並みを揃える

新しい知識を得る事(使えるスキルが増えること)

勉強すること

新しい知識を得ること(知らない技術を学ぶこと)

ランニング

筋トレ

自分を高めること

夢を語ること

人に教えること

人を育てること

人に教えてもらうこと

遠いところに旅行に行くこと

バイクに乗ること

音楽を聞くこと

テクノを聞くこと

集中すること

誰にも邪魔されずに集中すること

人に的確に指示してタスクを実施してもらうこと

運用を設計すること

人に活き活き働いてもらうこと

人に幸せになってもらうこと

成長すること

できることが増えること

お金をいっぱいもらえること(自分の働きに応じて)

人に何かをすすめること

集団をつくること

新しい何かに挑戦すること

何かを作ること

作った何かを使ってもらって喜んでもらうこと

何か大きな仕組みを考えること

本を読むこと

落語を見る事

電子工学を勉強すること

 

■好きなことまとめ

・勝つこと

・新しい何かに挑戦すること

・人を活かすこと

・チームで何かに取り組むこと

・企画すること 

・自分を高めること

・人をまとめること

 

こうして書いてみるとやはり「立ち上げ屋さん」になりたいということは理に沿っているかもしれない。

 

勝つため、人を活かすために自分を高め、

新しい企画を起こして人をまとめてチームで挑戦する。

うん、これだな。

 

俺はLの人だ。

 

人が活き活きできる仕組みを作れるように、

大きな影響を与えたい。

画面作っている場合じゃないな。。

インフラ系とか、施設を管理したりする仕組みを作りたいな。

やはり、何かサービス作れるようになりたいな。

 

どんな会社に入ればそんな人になれるんだろうか。。

今の職歴だと、画面設計、業務設計、運用設計、サービス管理が少しできるくらいの人だからな。。

 

では。

2019年で取得したい資格&方針まとめ

広尾にあるベンチャーで働いている♂です。

 

今日は2019年に取得する資格について検討。

 

まずはじめに。。。

最近、俺は起業して事業を起こすのは無理だと判断しました。

今年で20代ラスト。今までを振り返り、自分で事業をするのは無理だと判断。

 

・プライドが高い(困っている時に人に助けを求めることができない)

→何か事業を起こすときは多くの人を巻き込まなくてはならない

 

・人の話を聞けない

→聞いている途中で話を遮りたくなる。どうでもいいと思ったらスイッチオフ。

これは別に起業とは別の話か。

 

・結局ヤル気がない

何となく、親や兄を見返すという気持ちで起業しようと思っていたが、そのモチベーションでは周りを巻き込むまでのエネルギーが出ない。人に応援してもらえない。

 

ずるずると何か、経営者になるための修行と思い、色々行動してきたが、芯を食った行動ができていない。本当に経営者になりたかったら、社長から直接仕事をもらったりという行動ができていたはず。結局、たいしたことない理由で経営者を目指していたのだ。

 

これからは経営者になることは諦めて、コンサルタントとして生計が立てられるように行動する。

2019年は綺麗に諦める一年としたい。

 

諦めるという文字は昔は明らかに見ると書いて明見るとしていたと聞いたことがあります。

明らかに自分を見る現実路線で生きていこうと思います。

30代に向けて、ソフトランディングできるよう行動します。

結婚して家族も持ちたいし、

ただ、この一年は今の会社で頑張りたいと思います。

残るかどうかは分かりませんが、成長していけるよう精一杯頑張りたいと思います。

思っていることは言う。これを実践したいと思います。(礼を失しないよう気をつけながら)

 

さて、コンサルタントとして生きていくことを決めた後は行動が変わってきます。

とりあえず、資格をいくつか取らなくては。。

 

取りたい資格

応用情報技術者

・DBスペシャリスト

・トイック 900点台

 

なぜ取るのか。将来的にどうなりたいのか。

 

将来的には事業を立ち上げるサポートができる人になりたい。

そのためには、システムの基礎は押さえておかなくてはならないし、データを綺麗に整備することができなくてはならない。

だから応用技術者とDBスペシャリストを取りたい。

これ取っとけばつぶし効きそうだし。

 

トイック900点台もつぶしが効きそうだし、社長が英語をしゃべれる人を求めているので、面白い案件が来たときに対応ができそうだから取っておきたい。

 

英語が喋れて、事業立ち上げの経験があり、それに応じた資格がある。

PMの経験もあって、画面も設計できる人っていい感じジャン??

要件定義、業務整理、フロー整理、システム化をひたすら繰り返す。素敵やん。

人が無駄な仕事に時間を取られるのから解放したい。無駄な作業は機会やシステムがすればいいのだ。。

 

さて、とはいったものの、どうやって勉強していくか。。

 

過去に自分が取ったことがある資格、合格した何かを上げると。。

進学校と言われる高校に入った

・国立大学に入った

・簿記3級取った

基本情報技術者試験取った

 

何故取れたか??

取れた時は環境が整っていた気がする。

タバコを吸えて、勉強机があって、音楽が聞けて、、、

筋トレして、タバコを吸いながら勉強して帰って飯食ってみたいな。

 

あと、眠るときは眠るみたいなメリハリがあったような気がするな。

ゲロ吐きそうになりながらやれば、やっと取れるって感じだったな。

 

取りたい資格

応用情報技術者

・DBスペシャリスト

・トイック 900点台

 

メリハリを付けて勉強するのが苦手なので、どこかで時間を作って集中してやるしかないな。

 

勉強する場所が確保できれば合格できる気がする。

タバコが吸えて、気兼ねなくゆっくり勉強できるところ。空間は広い方がいい。

 

勉強以外で、過去に自分が成し遂げたことを上げると

・高校時代、素人で入ったテニス部でレギュラーを取れた

・高校時代、気になっていた女性と付き合うことができた

 

才能で達成したのは文化祭の実行委員とか、劇で笑いを取ったりとかだな

落語とかやってみたいな。。

脱線した。

 

小さいコミュニティでマウントを取るために頑張るっていうのが、俺の小さいモチベーションの保ち方かもしれない。仮想のライバルでも作るか。あいつには絶対負けないみたいな。

ただ、勝てない勝負はしたくないから、ライバルが強力すぎると努力したくなくなる。

負けたくないのだ。負けず嫌い。

何かが好きだから努力するっていうのは業務設計くらいか。。

 仮想コミュニティ、仮想ライバルでも作るか。

俺は常に誰かに負けたくないっている反骨心で生きてきたからな。

楽しむ余裕がそこには無い。

 

しかし、色々諦めてコンサルとして生きていくとしたら話は別だ。

前向きにやっていこう。

 

何かを続けるモチベーションを保つために

・仮想ライバル(勝てそうな)を作る

・仮想コミュニティを作る(英語の勉強をしているがいいな)

→コミュニティに入ってもいいかも。少し探そう。

 

俺は結局誰かと自分を比べたり、競争しないとモチベーションが保てないのだ。。

一人で何か続けることができない。

 

コミュニティでも作ろうかな。

・英語

・モクモク勉強会

 

資格を取る目的:

・自分の市場価値を高め、転職活動などで有利に動けるようにするため

・価値の証明

・生活のため(仕事に活かすといった高尚な目的ではない。)

 

では。

ローカルからクラウドへ

広尾にあるベンチャーで働いている♂です。

 

今回もてきとうに記事を書きたいと思います。

 

歴史は繰り返されるというが、ローカルからクラウドへの移管は繰り返される。

・サーバがホストからクラウドの時代へ

・ゲームソフトもハードからダウンロードの時代へ

 

カメラの進化がハードを変える

今まではハードが処理していたが、カメラが進化することで、人間と設置面を読み取り読み取った先で処理をして結果をスマホに返す時代が来るかもしれない。

UIを持たなくても、紙さえあればカメラで読み取ってセンターで処理させることができるかもしれない。

 

今までの現地のデバイスをローカルと捉えられて、カメラが全てのインターフェイスを担うのだ。アウトプットはセンターで管理して、スマホで結果を見れるようにすればいい。

 

決済の世界でいうと、決済の処理は端末で行っていた。

しかし、人間一人一人の識別ができるようになると、(センターで個人情報として姿形を登録しておく)、カメラで全て認識できるようになる。

グーグルホームとかもグーグルセンサーになるかもしれない。モーションをカメラで読み取って電気を付けるとかになる。

 

画像認証、人工知能、本人認証のデータベース。モーションのデータベース。

 

では。